ゴルフでパットを向上させる方法ではラインを読むことがあります。きちんと読めて初めて打つことができます。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
平らなところにボールを転がせば、おそらく進んだ方向にそのまま進むでしょう。それが少し角度のある場合はどうなるかです。最初は勢いがあるのでまっすぐ行くのですが、そのうち角度にそって曲がっていきます。角度が大きければそれだけ曲がり方も大きくなります。平らなところではなく、でこぼこの所になるともっと厄介な事になります。少しずつ軌道が乱れるからです。大きく乱れてそのまま思わぬ方向に進んでしまうこともあります。

ゴルフにおいて、グリーンに乗れば後はパッティングをすることになります。ある程度の距離がある場合もあれば、少しの距離のこともあります。まず行うこととしてはラインを読むことです。テレビでプロのプレーそ見ていると平らなように見えるグリーンですが、適度に傾斜しています。右方向にだけではなく、左に傾斜している事もあります。フェアウェイに比べて芝は短くなっていますが、芝目があり、力が弱まれば芝目にそってボールは流れます。

まっすぐにカップを狙っても入る可能性はありません。まずはしっかりとラインを読めるようにします。ラインを読めたからすぐに入るわけではありませんが、読めなければ道がわからずに進むのと同じです。練習と思って行うようにします。

関連情報