アマチュアゴルファーが練習をしなければならないのは、アプローチやパターなどの細かいテクニックであるといえます。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ゴルフでスコアアップを目指すのなら

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
アマチュアゴルファーでも、プロ顔負けの豪快なショットを打つことができる人も大勢いますが、それでもプロゴルファーと比較して格段に劣るのがアプローチやパターなどの繊細な技術です。300ヤード飛ばすことができるドライバーも、残り1ヤードのパターも同じ1打であり、カップインまでの短い距離をしっかりと決めることができなければ、結果としてスコアを伸ばすことができません。プロゴルファーは、そのようなアプローチやパターの練習に多くの時間をかけており、ゴルフ練習場でただ飛ばすことだけを考えて練習しているアマチュアゴルファーとはそのような部分で大きな差が生まれるのです。とは言え、アマチュアゴルファーは練習環境に恵まれているとは言えないので、パターの練習などは家の中で行うというのも1つの手でしょう。

とにかく大切な事は、狙ったところへまっすぐ打つ技術を身につけることと、距離感をしっかりとつかむということです。残り100ヤードぐらいであれば、ある程度ピンの近くに寄せることができる技術を身につけることができれば、スコアは飛躍的に良くなると思われます。ゴルフ練習場へ行った際は、最低でも半分ぐらいはアプローチの練習に時間をかけると良いでしょう。