ゴルフで良いスコアを出すためには、狙ったところにボールを運ぶことができる正確な距離感を養う必要があります。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

距離感が大切なゴルフ

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフで大切なことは、ボールを遠くへ飛ばすことよりも狙ったところへ打てる正確な距離感を養うことです。正確な距離感を身に付けるためにはもちろん練習も必要ですが、ゴルフクラブの特性を理解した上で練習を行う必要があります。自分の持っているゴルフクラブの番手ごとの飛距離を把握しておくことが、良いスコアを出すための条件の1つとなります。それはあくまでも基本的な事ですので、ラウンド中は高低差や風の影響、ライの状況等を考えた上でクラブ選択する必要があります。単純に飛距離だけで番手を選ぶと痛い目にあいますので注意しましょう。初心者や中級者のうちは、練習でまず目標を定めてそこにボールを運ぶ練習をすると良いでしょう。練習場には飛距離の目安となる看板などが設置されている場合が多いため、距離別に自分の体に感覚を染み込ませましょう。

本番では、残りの距離に関しておおまかな情報しか知ることができない場合が多いので、自分の感覚というものが非常に大切になってきます。また、アプローチではキャリーと卵の飛距離も計算しなければならないため、アプローチで自分が使う番手に関しては、より正確な距離を把握しておく必要があるといえます。