ゴルフでは練習場で打つことができても、本番になると周囲の目が気になり緊張でまともに打てないことがよくあります。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ゴルフで本来の実力を発揮するためには

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフで本来の実力を発揮できない原因の1つに緊張があります。気の知れた仲間とラウンドする時は気にならなくても、会社や取引先のコンペなどに参加した際は周囲の目が気になることもあり、緊張して最初のティーショットで思わぬミスをしてしまったりすることもあります。場数を踏んで慣れるということも1つの手ではありますが、それでは時間がかかって仕方ありません。もっとも良いのは自分のルーティーンを意識するということです。それは日頃から意識して、ショットするまでの流れを決めておくことです。失敗したらどうしようなどの余計なことばかり考えていると、それが体の動きを邪魔してしまい、普段ではあり得ないようなミスに繋がってしまいます。

ルーティーンを作ることで、何一つためらいなくショット出来るようになれば、緊張するような場面でもいつも通りにスイングすることが出来るので、ぜひとも取り入れるようにしてもらいたいものです。ルーティーンはどのようなものでも構いません。あまり時間をかけすぎるのは良くありませんが、一連の流れの中でショットできるようすることが良い結果につながるでしょう。プロゴルファーのトーナメント等を参考に、自分なりのルーティーンを持つようにしましょう。

関連情報