ゴルフにおいて飛距離アップをするためにウェイトトレーニングをします。下半身と上半身のバランスを考えます。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ゴルフで飛距離アップのためにウェイトトレーニング

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
日本において行われている格闘技として柔道や相撲があります。これらにおいてはもちろん力がいります。これまでは基本的な練習から鍛えていたので特にウェイトトレーニングはしていなかったようです。でも外国人などと力の差が出てくるとウェイトトレーニングが重要になってくることがあります。伝統的な練習の他に取り入れる人も出てきたようです。ウェイトトレーニングは体の一部分を鍛えられますが、鍛え方を考えて行わないといけません。

ゴルフにおいては飛距離を延ばしたいと誰もが思うようです。プロであればそれなりに飛ばせますが、素人になると限界があります。クラブを変えたり、フォームを改善したりしたけどもなかなか効果が無いとなると肉体改造を考えるのです。ではバーベルなどを持って腕を鍛えればいいのかです。クラブを持つのは手ですから、手を鍛えれば飛距離を延ばせるように思います。しかし手だけを鍛えても、伸ばせないこともあります。

実際には全身を満遍なく鍛えることを考えます。特に大事なのは下半身の安定です。素人が飛ばせない理由として、下半身がぐらついていることがあります。まずは足腰を安定させるようにし、それにバランスを合わせるように上半身を鍛えます。