ゴルフクラブをコントロールしやすくするために重たいクラブを利用することがあります。軽く感じれます。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

重いゴルフクラブを使って練習をする

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
あるときにかなり重い荷物を背負うことがありました。10キロから20キロぐらいある荷物です。何とか目的地までつくことができそれを下ろしました。すると体が非常に身軽に感じたことがあります。普通は何も持っていない状態で体が慣れています。その後に何らかのウェイトのハンデを設けるのですが、その時には体が何とか動けるように対応します。ウェイトをおろした後はしばらくはウェイトがあった時のことを体が覚えているので、なくなると身軽になったように感じるのです。その他においても思い段階から軽くすると速く動かせることがあります。

ゴルフにおいて、練習の時に重いクラブであったり、重いウェイトをのトレーニング道具を使うことがあります。これを使うとどのような効果があるかです。クラブ自体を初めて持ったとき、結構重量を感じることがあります。重いからこそコントロールも難しくなります。コントロールが上手くできるようになるとその分自分の思った通りにスイングもできるようになります。クラブを軽く感じることができるのは大事なことになるでしょう。

しかし、スイング練習で常に重いものを使うのも問題です。そうすると、通常のクラブを使った時の感覚がわからなくなります。ただ軽く感じるだけです。おもりをつけたスイングとは別に、通常のクラブでのスイングも行うようにします。

関連情報