ゴルフの飛距離を延ばすならストレッチをして可動域を広げます。肩や腕、腰が回るようにします。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ストレッチをすることでゴルフの飛距離を延ばす

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
体においては柔軟性がいい人もいればあまり良くない人もいます。前屈をするとどんどん足の下の方に手が行って手のひらすべてが足の下に行くような人がいます。体が固い人になると膝辺りまで延ばすのがやっとの人がいます。人によって異なるといえるでしょうこれらについては日頃からストレッチをすることで改善できるとされます。膝位までの人でも今日は1センチ、次の日はもう1センチとどんどん下ろすように努力をします。そうすると少しずつ延ばせるようになります。

柔軟性が良くなるとどうなるかですが、体を自在に動かせるようになります。また、可動域を広げることができます。いくら力が強くでも可動域が狭いとその部分しか使えません。可動域を広げることができればその分力をつけて動かすことができます。ゴルフにおいては、いろいろな部分の可動域が影響します。まずは腕から肩のあたりの可動域が充分でないといけません。その他には腰があります。腰もしっかりと回すことができないといけないのです。

柔軟体操のようなストレッチを行って、体を柔らかくするようにすればより飛距離を延ばすことができると思います。せっかく可動域を広げられたならそれを維持するようにします。ストレッチを辞めるとまた固くなってしまいます。