ゴルフのパットにおいて、距離をしっかり読めればカップインや近づけることができます。距離を測る道具もあります。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ゴルフのパットでは距離をしっかりと読む

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
座っている時にゴミをゴミ箱に捨てたいと考えることがあります。立ち上がってゴミ箱まで行けばいいのですが面倒くさいです。この時にどうするかですが、座ったままゴミを投げ入れようとします。重いものであったり軽いものであったりします。入れば儲けものの気分で入れますが、この時にはそれなりに距離の計算をしたりしています。少し浮かせるようにしてこれくらいの力で投げればちょうど落ちると思いながら投げるようにするのです。

ゴルフにおいてパットをするとき、距離をしっかりと読む必要があります。短い距離であれば読むまでも無くだいたいわかります。1メートル以内です。1メートルを超えてくると正確に読む必要があります。10メートルぐらいになってくると読み方を誤ると大きくオーバーしてしまったり、手前までしか転がらなかったりします。距離を知ることができれば入れることはできなくても近づけることができます。少しでも入れやすい位置に持って行くことが大事です。

距離の読み方としてはいくつかの方法があります。まずは普通通り自分の目で行う方法です。その他には道具を使う方法もあります。メジャーなどは使えませんから、最初は道具と自分の目の両方を使いながらすればいいかも知れません。