ゴルフの初心者は、クラブの番手を選ぶということに慎重になるより、ショットを打つことに集中する方が良いです。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ゴルフ初心者はクラブの番手選びに神経質になる必要はありません

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフをしていると、次のショットを何番で打とうか、或はフェアウェイウッドを使うか、それともアイアンで打とうかなどという事に関して迷うことがよくあります。クラブの番手選びなどを間違えてしまうと、いくら良いショットを打ったとしても、期待した結果に結びつかない場合もあります。ですから、このクラブ選びはスコアメイクを考えるうえで非常に重要なことだと言えます。

しかし、それはあくまでも中級者以上の人のことです。技術がそこまで至っていない人は、それほど慎重に選ぶ必要はないのです。初心者の場合は、同じクラブを使っても、ボールへの当たり方によって、飛距離は大きく変わってしまいます。ですから、番手を選ぶということよりも、上手くボールを打つということの方が大切なのです。番手を選ぶということによって、気付かないうちに精神的にも影響を受けているものなのです。ですから、細かな違いを意識せずに大雑把にクラブを選ぶことで、ショットを打つことに集中できるのです。その結果、普段通りのショットが打てる可能性が高くなるのです。つまり、細かなことを気にしてクラブ選びに迷うという事は、初心者にとっては、ナイスショットを打てる可能性を自分で下げているという面もあるということです。

関連情報