ゴルフでパットのミスをした時、原因を追求するようにします。パットは努力によって成績向上が可能です。

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
ゴルフにおけるパットではラインの読みをする

ゴルフにおいてパットのミスをしたなら原因を追求する

ゴルフにおけるパットではラインの読みをする
何らかの問題が発生したとき、それには必ず原因があります。原因が分かれば、それがたまたま偶然そうなったものなのか、なるべくしてなったものかがわかります。偶然のものなら防ぎようがありません。なるべくしてなったものなら何らかの方法で修正をすれば直るかも知れません。原因がわからなければ、どのように直したらいいのかがわからないのです。色々と頭のなかで思考を巡らせながら、問題の状況を分析するようにします。

ゴルフにおいて良くしてしまうのがパットのミスです。カップインできないだけでなく、思い通りに打てない時においてもミスのうちに入るでしょう。ラインも距離も力も全て思い通りになっていたのに、思った方向に行きませんでした。距離を見誤っているのか、ラインか、力加減なのかになります。これらについては偶然のことはないでしょうから、解明すれば修正により直すことができるかもしれません。パット力が向上する可能性が高まります。

なんとなくパットをしていてはたまたま入ることもあれば外れることもあるになりスコアを伸ばすことができなくなります。パットは力を必要としない部分ですから素人でも何とか打数を減らすことができる部分です。減らせれば実力もアップします。